• YOKONIHANA

    长达230年的德川幕府的锁国时代终于打上了休止符,打开海外国门的“安政开国”也象征着日本 迎来了属于自己的拂晓时代。在这个时期开港的横滨(YOKOHAMA)·神户(KOBE)·新潟(NIIGATA)·函馆(HAKODATE)·长崎(NAGASAKI)的5个都市,成为引进外国文明的窗又并伴随着异国情调的发展,也给予了日本的历史和文化带来了巨大的影响。

    在开港场的居留地,长期闭关自守下的日本来说,成为西洋文明的橱窗,是文明开化的据点。西洋风的街道,酒店,教堂,洋馆成为了时髦文化的象征。总之,在居留地生活的西洋人的生或是死,对于普通的西洋人的生活来说都可以从外国人的墓地里发现。

    那个时代的居留地,日本是怎样发展的。看了各种各样的墓地,那个时代的日本有着什么样的人存在,在那里睡着的人,在过去的时候做着什么样的事情这些墓地是可以代表一个城市的历史以及社会发展的纪念碑。

     

    230年にもおよぶ徳川幕府の鎖国時代に終止符を打ち、海外に門戸を開いた「安政の開国」は、まさに日本の黎明、近代日本の払暁の時代だった。

    この時期に開港された横浜・神戸 ・新潟・函館・ 長崎の五港都市は、諸外国の文明や文化を導入する窓口となって異国情緒豊かに発展し、日本の歴史と文化に多大な影響を与えてきた。 開港場の居留地は、長く鎖国下にあった日本にとって西洋文明のショーウィンドーとなり、文明開化の拠点であった。西洋風の街並み、ホテル、教会堂、洋館はハイカラな文化の象徴となる。つまり、居留地には暮らす西洋人が生きたり、死んだり、普通の生活に対して外国人墓地が生み出されることになる。 その時代は居留地として日本はどのように発展するのかを歴史が見届けてる。いろんな形のお墓を見ると、その時代の日本はどんな人がいたのか、また、そこで眠った人は、昔はんどんのような事をやっていたのか発想できると思う。都市の歴史、社会発展の記念として建てられた記念碑を考えている。

     

    2017年